結婚式の二次会は幹事業者に頼もう【準備の負担を大幅削減】

送るときのルールとは

ギフトと人形

早めに準備を

結婚式に招待されたけれども行けなかった場合や、会社の同僚や親戚などが遠方で結婚式をあげた場合などは、電報を送るととても喜ばれます。電報は手紙代わりに電話で文字を送るもので、お祝い事の他、お悔やみ事などにも使われます。アナログな形の連絡手段といえますが、送られたほうの嬉しさはひとしおです。近年はぬいぐるみやバルーンつきの電報もあり、会場を華やかに彩ってくれるものもあります。電報を送るときの注意点として、文字数で値段が変わるというものがあります。あまり長くメッセージを伝えると高額になりますし、披露宴の最中に読んでもらうときも冗長です。カタログに文例が乗っていることも多いので、カタログなどを参考にして簡潔にまとめるとよいでしょう。忌み言葉や重ね言葉を使わないというルールも、カタログを参考にすれば自然と守られるので、そういった意味でもカタログを参考にするのはおすすめです。また、結婚式の日よりも早めに準備しておくのもポイントです。披露宴の一時間前まで手配はできますが、一ヶ月ほど前から準備すれば割引がきくこともあります。直前になって慌てるよりも、きちんと準備しておくべきでしょう。送り先は披露宴会場となるので、そこを間違えないようにしっかり確認しておくのもポイントです。送り先は新郎新婦とするのが通例ですが、片方しか知らないということも少なくないのでその場合は新郎もしくは新婦のどちらかでも構いません。新婦に送る場合、旧姓にするのが通例ですが、結婚式前に入籍していて新しい姓が定着しているなら新しい姓でも構いません。

Copyright© 2017 結婚式の二次会は幹事業者に頼もう【準備の負担を大幅削減】 All Rights Reserved.